地域の現状と課題・ストック効果


◇ 高速道路ネットワークの空白地帯
  ・人口約30万人が暮らす当該南河内地域には、高速道路が無く、ICの出入口まで府下で最も時間を要する状況
  ・大阪北部地域は、新名神高速道路や第二京阪道路により大幅に改善



◇ 現状の道路ネットワークの状況解消

  ・幹線道路の国道170号(大阪外環状線)への交通付加が大きく、ひとたび事故が起こると大渋滞が発生
  ・朝夕のラッシュ時には、車が大阪外環状線に早く出たいために、生活道路に交通が流入し、通学生の脇を車が通行




◇ 防災・震災対策と道路ネットワーク

  ・近年、多発している豪雨や台風により、南河内地域やその周辺でも災害が発生。
   ひとたび被害が発生すると、当該地域の背後地である 金剛・葛城山脈に連なる集落は孤立化が懸念される



◇ 救急医療施設と道路ネットワーク

  ・河内長野市の搬送先病院は、50%が市外の病院へ搬送しており、搬送時間の短縮が命の道になる




◇ 自然・歴史・文化遺産等を生かした観光振興と道路ネットワーク
  
 ・世界遺産の「百舌鳥・古市古墳群」、日本遺産の「竹内街道」、「中世に出逢えるまち」、「葛井寺」や多くの国宝など、南河内の豊富な文化遺産と奈良・和歌山の世界遺産を広域道路ネットワークで連携


 (R2.1.作成)